業者の選び方

ASP型のefoサービスを提供している事業者は数多くあります。これから導入を検討するにあたって、どこも同じようなものといい加減に決めてしまうのではなく、導入する以上は成果をあげるということにできるだけこだわって事業者を決めたいところです。

セキュリティ導入実績や成功事例をASP型efoサービス提供事業者のWebページで確認するだけでなく、サンプルフォームを使ってみることができれば、試してみたほうがよいでしょう。また、詳しい情報を得るために無料の資料請求や問い合わせに対応していれば、利用しない手はありません。とくにタグの貼り付けができないページではPCとスマートフォンの両方で実装不可となるため、この点は必ず事前に確認しておきたいことです。また、フォームの視認性や操作性のよさだけでなく、セキュリティが強固かどうかもチェックしたいポイントです。

ほかに重要なのは費用です。初期費用は無料のところが少なくありませんが、月額利用料は1ドメインあたりで万単位のお金がかかるのが普通です。また、事業者が定めているフォーム数、たとえば5フォームまでは最低料金での利用が可能なものの、6フォーム目からは1フォームあたり○円という具合に追加費用がかかることがあるため、この点も確認しておきたいことです。